今週も、番組をお聴きいただき

ありがとうございました。

さて、今週は、yotti さん からの

ご相談でした・・・

******************************

いい塾の選び方を教えてください! 安藤塾さん近くになくて...

中2の娘です。今の塾(公文)は楽しいようですが、

成績が上がった感じがありません。

「中の中の下、時々中の中の上」くらいの成績で、現状維持(それも危うい)な

感じです。

前々から本人に「塾を変える」と言ってますが「え~」と少し嫌そう。

「でも成績あんまり上がってないやん。もう少し頑張ろか」と言い続けて

中学まで来てしまいました。来年は受験もあるし、やはり変えようかと。

本人にも塾変えるのを少しずつ納得させてます。

塾選び、どんなところをチェックしたらいいですか?

アドバイスいただきたいです。よろしくお願いします!

******************************

安藤先生からのアドバイスです♪

******************************

まず、成績 というのは本人があげたいと思った時に、上がるんですね。

表面的には言葉としては言うものの、心の底から、

本人があげたいと思っていない時は、なかなか上がらないんです。

となると、塾を変えてその塾が成績を上げてくれるかどうか。

どんどん変えても、本人があげたいと思ってなかったら

塾を替わっても変わっても、成績は変わらないんです。


そして今本人は、ただ ただ友達がいるところとか、居心地のいいところとか、

そういうことで塾を選んでしまって、特別あげたいと心の底から思っているわけでは

ないとなると・・・ じゃあどうすればいいのか。

やっぱり 目標を持つってことですね。

つまりは 自分が夢は何なのかとか、どこの高校行きたいのかとか。

これは、深く話し合って、どうしたいか っていうのを明確にすることです。

そして 本人の中で、「そうか それならば 確かに このままじゃどうだな」 とか、

「だからどうこうしないといけないな」って、本人の中で、

自分でこうしたいという心の変化を作ってあげることが重要です。

その上で どういうところがいいか っていうのが決まってくるわけです。


本人の性格によって、負けたくないんだっていう環境に身を置かせることによって、

その負けず嫌いの気持ちから、本人が成績を上げたいと思うようになるのか、

負けたくないからというよりも、すごく褒めてくれる環境だから気持ちが乗って、

だからもっと褒めてもらいたいから、本人が成績をあげたい!と、

そういう風に持っていくのか。

それとも 目標を明確にして、「ここまで近づいたね。もうちょっとだね」

っていう風に励ましてくれて、いつも目標意識させてくれるから

本人も成績をあげたいと 思えるような環境に身を置くのか。


ここは本人の性格もあると思いますね。

本人の性格を見て、本人が心の底から、

自分の成績をあげたいと思わせてくれるようなところを選ぶというところが

大きいですね。


もしまだ 目標とかが定かでなくて、

どうしたらいいか、どこの学校に行きたいかとかも定かじゃなくて、

そのためにはどれくらいの点数を取ればいいのか とか、

定かじゃない状況だとすると、

本人にすごく寄り添って、一緒になって目標も考えて、

「じゃあこうしようか」とそういう 寄り添ってくれる塾がいいでしょう。

そして、むしろ もうそういうの 決まってる場合、

あとはそこに受けて走るんだというところだったら、

同じように走ってる子たちとの環境の中で 、負けたくない気持ちとか、

目標に向かってあの子はここまで行ってるから、自分をそこまで行かなくちゃ って

言う そういう原理で心が動く環境も良いでしょう。


なので、まず、本人の目標 一緒になって定めてくれる、

そして目標設定してくれる、伴走してくれる、そういうところが

合うんじゃないでしょうか。



本人に選ばせていると、案外、そういう 論理というよりも、

「友達が行ってるから、あそこだったら行こうかな」 とか、

「居心地がいいから、面白いから行こうかな」とか、

それが悪いわけじゃないんですけれども、今の自分をよりよく変えたい、

まずそう 思ってもらうことが一番最初のスタート なので

今の自分よりよく変えたいという気持ちに、もっと快適に、変えたい。

このままじゃあ また違うから改善するんだっていう気持ちに

持ってってもらえる塾。

目標がなければ 目標を作ってくれる、一緒になって目標を定めてくれる塾、

目標が定まってるならば その目標に向かって 切磋琢磨している人たちがいる

ということになるでしょうし 。

目標も定まってないのに切磋琢磨 だけの塾に行っても、

それはそれで自分は何のためにやってるのかよくわからなくなってくるでしょう。

その状況に応じての塾選びがポイントです。

******************************

安藤先生へのご相談は

メールフォームから お気軽にお寄せくださいね!

安藤先生の講演

​即興子育て相談スタイル ​好評受付中です!

様々な場所で、教育講演会を行っている安藤先生。

来場者みなさんからの相談に、安藤先生がその場で回答するという、

来場者参加型「即興子育て相談スタイル」の講演会が

好評、人気です!

学校、PTA、教育機関など、

ご依頼いただければご相談の上、安藤先生が講演に伺います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら!!

https://www.andodaisaku.net/

今週も、番組をお聴きいただき

ありがとうございました。

さて、今週は、匿名希望 さん からの

ご相談でした・・・

******************************

息子はこの春から第2希望だった大学に合格し通っていますが、

先日、「この大学が自分に合わない、仮面浪人したい」と言い出しました。

私も主人も、置かれた状況の中でこのまま4年間がんばってほしいと思いますが、

本人がやりたいようにさせてあげたいともいう思いもあります。

でも仮面浪人だといまの大学の学費もかかりますし、かといって

大学をやめてしまうのも、来年合格できるかわかりません。

いろんな方のご意見を伺い話し合いたいので、安藤先生は仮面浪人について

どう思われるか伺いたいです。よろしくお願いいたします。

******************************

安藤先生からのアドバイスです♪

******************************

親御さんは、置かれた状況の中で、このまま 4年間 頑張って欲しいと

思ってらっしゃるわけですよね。

これは 4年間 頑張ってほしいっていう現実を思ってらっしゃるわけですが、

なぜこの置かれた状況の中で4年間頑張ってほしいと思うのかっていう

親の思いがありますね。

人生の正解を歩くということよりも、つまり「正解はどちらか」という

正解のある人生を歩くことよりも、やはり、

選んだ道を正解にしていく っていうのが、人生において往々にして

あることだと思うんですよね。

つまり、今人生において生き方において何が正解かってはっきりと言えず、

わからない 不透明な時代において、自分が選択した道を正解にしていくんだと

こういうことが やっぱりあり方として、大切なあり方なんじゃないかと

言葉にしてみるとそういったようなことを、

ご両親はおっしゃりたいんじゃないのかと思うんですよね。

自分で選んだ道、そして置かれた状況を正解にしていく努力をすることで

また花を咲かせていくんだ、と、おっしゃりたいんではないかと思うわけですよね。

それならば そこを語って、

今の大学で4年間頑張ればいいじゃない」というよりも、

その奥にある、「なぜ」 の部分を語って、その上で本人に人生を選ばせる、

やりたいようにさせてあげる、と言うことかと思います。


「本人に人生を選ばせる」というところが、

「こっち行って正解じゃなかったから次、こっちまた正解じゃない」とか

正解 探しではなくて、選ばせるっていう事は、選んだ道を正解にしていく、

選んだ道を正解にしていく っていうことは、選んだ道を正解にしていくんだ

という覚悟を持つってことなんですね。

したがって、4年間がやっぱりこのまま頑張るという道を選ぶのか、

それだったら、この4年間が非常に自分にとっていいものだったと

振り返れるようにするんだ、どうであっても ここで4年間頑張るんだと

決めたからには、4年間を振り返った時に、とてもいいものだと思えるように

努力するんだと そう決めるべきですし 、

もしくは、「違うところに行く、ここは合わないんだ」と決めるなら、

その違うところに行くんだっていう、そこを決めた自分を正解にしてくという

覚悟ですよね。

これは私の個人的な考え方ではございますけれども

そうすると「仮面浪人」はないってことです。

「どちらも欲しい」じゃないわけです。


どちらが欲しいのかを選ぶわけですから、そうすると、

4年間 頑張るんだと決めたら、何があっても 4年間を頑張る。

それはいいことばっかじゃないと思います。晴れの日もあれば雨の日もある。

でも工夫しながら、振り返った時に良かったと思えるような4年間にするんだと

決める覚悟ですね。

その人生を歩く覚悟ですね。

もしくは、「ここは 合わない。違うところに行くんだ」と

何が何でも行くんだと いう覚悟ですね。

だからどちらにしても選んだ道を正解にする。

これに必要なのは「正解にするんだ」っていう「覚悟」なんですね。

さまざまな考え方もあるかもしれません。それは一つではないと思いますけれども、

これはあくまで私の考え方ですが、

自分で人生を選ばせるということは、本人がそうしたいっていう道を歩かせる

ということです。

その道を正解にして、「今度だ」っていう覚悟が伴わないと

結局またまた迷い、または正解 探しになり...ということが繰り返される

恐れがあります。

だから、どの道を選ぶにしても「覚悟が必要」なのです。

そういったことをお子さんに確認する話し合いをされてはいかがでしょうか。

******************************

安藤先生へのご相談は

メールフォームから お気軽にお寄せくださいね!

安藤先生の講演

​即興子育て相談スタイル ​好評受付中です!

様々な場所で、教育講演会を行っている安藤先生。

来場者みなさんからの相談に、安藤先生がその場で回答するという、

来場者参加型「即興子育て相談スタイル」の講演会が

好評、人気です!

学校、PTA、教育機関など、

ご依頼いただければご相談の上、安藤先生が講演に伺います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら!!

https://www.andodaisaku.net/

今週も、番組をお聴きいただき

ありがとうございました。

さて、今週は、・・・

"安藤先生の「欠けた心の磨き方」を読んで、自分を変えなくちゃいけないと

思いはじめました"というメッセージいただきましたラジオネーム あーちゃんから。

ご相談が長文でしたので、ここでは要約してご紹介・・・

***********************************

こんにちは。いつもラジオ拝聴しています。

高校2年生の長男のことでご相談です。困り果て心が疲れています。

高校でも陸上競技を続けたかったので頑張ってスポーツの強い公立高校へ

進学しましたが、

先生と合わなかったらしく1年生の夏休みから部活へ行かず、夏休み明けから

学校にもほとんど行かなくなりました。追試を受け何とか進級できましたが、

夜遊びやタバコ、バイク等に走り、昼夜逆転の生活で夕方まで寝ています。

週末は友達の家に行ったまま23日帰ってきません。ボートレースへ行ったり、

お酒飲んだりして、「何が悪い」という考えのようです。

バイトの行き帰りや休憩など車で送り迎えしてと理不尽なことを言い、

自分の思い通りにならないと物に八つ当たり。「ババア死ね」との暴言もあり、

思春期とはいえ私の心が疲れています。

長男は高校生に上がる頃に1型糖尿病が見つかりましたが、本人の自覚が無く

投薬治療もままならず。薬のこと以外は口うるさく言っていないつもりです。

色々本人に不満はあると思いますが、人として最低限の事はやって欲しいと

切に願っています。が、どうしていいか困っています。

******************************

安藤先生からのアドバイスです♪

******************************

大変辛い辛い状況だと思います。

日々 本当にこの状況の中で大変な心持ちなんだろうな っていうことを

本当にご推察申し上げます。


しかし、状況というのを、一つは、

表面的なところで、この子は悪いことをしているとか

またはこの子は悪い子なんだっていう風に思うのではなくて、

本人にはそうする理由があるって思うんですよね。

だから

本人がダメな子だ、やってることは悪いことだとか、

その表面的なところでそう結論付けずに、

そうせざるを得ない というか、本人には、そうする理由があるんですね 。

そこの理解者になるということが実は大切なところなんだと思います。

まずは、そこの理由の理解者になっていくというスタンスを周りが取ることです。


本人としては、自分なんてもうどうでもいいやって思ってしまったのか

まあいろんなこと 何があったか、もう自分なんて、もうどうせこうだからとか、

どうでもいいなんていう風に思いつつも、

でも 果たして本当にこのままでいいのかな とも思っていたりして、

でもなんか、もうみんなもいるからそれでいいんだ みたいな。

みんなと一緒であれば怖くないかのようになっちゃってるのか分かりませんが、

本人も 八つ当たりをして不機嫌であるということは

これでいい と心の底から思ってるわけではないと思うんですよね。

「変えたい。変わりたい。でも変えれない」というところがあると思います。

ただ 周りが「変えなさい」って言ったら変わるのか って言うと

また そうじゃないと思います。


「あなたのしていることは悪いことです。だから変わりなさい 変えなさい」

っていうのは、それはなかなか変わらないと思います。

理由は「あなたのやっていることは悪いことです だから変わりなさい」

というメッセージでは、悪いことだと分かっていても

それをやってしまう理由がある、そうする理由があるわけなのにもかかわらず、

その理由には全く触れずに、パッと 表面で、

悪いことだからやめなっていうことはなかなか変わりにくいということです。

変わるのは、本人自身が「このままじゃまずいな。自分から変わろう」と

思う時であったり、こういうことを「うーん」と思いながらでも

している自分に対して、周りの温かな愛情に触れた時に、

それによって 「あーもう こういうことしてて申し訳ないな」と思ったり、

「まあこのままじゃダメだな」って本当に思ったりっていう風に

心が持ってかれた時に、初めて 少しずつ変わり始めるわけですから、

心が動くように持ってくしかないんですよね。

「あなたは価値があるんだ」っていうことを思わせていくことです。

自分なんてとかもうどうでもいいとかそうじゃなくって、

「本当に本当にあなたのことを愛してるし、あなたには価値があるんだ」

っていうことを感じてもらえるように、思わせていくように、

どういうふうに暴言を吐かれても どういうふうにされても、

「でも あなたには本当に価値があるんだ」 という信念をぶらすことなく

接していく、まずそのことなんじゃないかと思います。


間違えちゃいけないところは、

「かつて スポーツをすごく頑張ってたじゃないか」とか、

「頑張り屋のあなたがいるじゃないか」とか、それとは違うんですね。

それだと、「前はすごく良かったのに今は良くないじゃない。

だから前が本当のあなたで 今は本当のあなたじゃない」、これではダメなんですね。

だって全部本当の本人なんですから。

どちらか まるで どちらか バツ みたいな言い方だとちょっと違うんですよね。

全て超えたところで、「あなたは本当に愛おしい存在そのものだし、

あなたの命は本当に大切なものだし、存在そのものは大切なものだ」っていう

メッセージ、信念、それを親がしっかりと持つ、まず できることはそこでしょう。

それをやると状況が変わるか変わらないかじゃなくて、

その信念はただ 持ち続ける。 その1点に集中することでしょうね。

******************************

安藤先生へのご相談は

メールフォームから お気軽にお寄せくださいね!

安藤先生の講演

​即興子育て相談スタイル ​好評受付中です!

様々な場所で、教育講演会を行っている安藤先生。

来場者みなさんからの相談に、安藤先生がその場で回答するという、

来場者参加型「即興子育て相談スタイル」の講演会が

好評、人気です!

学校、PTA、教育機関など、

ご依頼いただければご相談の上、安藤先生が講演に伺います。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら!!

https://www.andodaisaku.net/