2021.10.21(木)子育てコープ

こんにちは♪

子育てに役立つ情報や、子育てサークルの紹介、

パパやママたちの声などを紹介している

『子育てコープ』

今回は、

松阪市の【子育て・孫育て応援 みつよルーム】をご紹介します。

岡田さんと中村リポ④.jpeg

元・保育士の"子育て・孫育てアンバサダー"岡田 光代(おかだ みつよ)さんが、

三重県の素材を使った講座や教室など開催し、

子育てを応援する活動をしています。

岡田さん (2).jpeg

今日は、【みつよルーム】の 岡田 光代 さん に、

普段どんな活動をしているのか、

お話をうかがいましたよ~(*^^*)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

岡田さんが講師業として行っている出張講座として...

★生後3ヶ月から歩き出す前のお子さんとママ・パパを対象にした「アタッチメントベビーマッサージ」

★0歳~2歳のお子さんとの「親子ふれあい遊び」

など、家でも簡単にできる子育てを楽しむコツが学べる講座や、

★幼児から大人までが対象の"三重県産ひのき"や"松阪木綿"を取り入れた講座

など、

様々なものがあります。

他にも、育児相談などお母さんの悩みも聞いたり、

孤独・孤立というような状態の方がいらっしゃったら

寄り添いサービスもしています。

IMG_9654.jpg

元々保育士をしていて、お子さんに関わるお仕事をしていた岡田さん('ω')

今のような活動をするようになったきっかけをうかがってみると、

『私も働きながら子育てをしていて、

自分の子どもが小さいうちは悩みはなかったんですけど、

思春期、高校生くらいになってくるとやはり悩むことがたくさんあったんですね。

そのときに、今のように相談できる機関がなかったんです。

なので、私自身も勉強する!ということで、

いろんなところへ行って勉強していくうちに

私ができることがあるんじゃないかな、と思って』

と話してくださいました(´▽`)

岡田さんと中村リポ②.jpeg

年齢だったり、状況によっていろんな講座もされている中で

岡田さんが親御さん達に伝えていること、大事にしていることは3つ☆

1つ目が、育児不安の軽減

2つ目が、子育ての楽しさを知っていただくこと

3つ目が、ママやパパの生きがいや自己実現の後押しをしていきたい

とのこと。

長期的な目標としては、子育て支援事業を軌道にのせる!

そのあと、将来的には子育てだけに限らず、

女性の生き方のサポートをできる事業展開もしていきたい!

と思っているそうです\(^o^)

ベビーマッサージ松阪木綿.jpeg

ずっとニコニコ穏やかにお話をされている様子を見ていると、

思わず悩み相談をしたくなっちゃいます♪

身近にいてお話を聞いてくださりそうな雰囲気が出ている、というか(´艸`*)

『ここのお家(ご自宅兼みつよルーム)も、

実家に帰ってきてもらった雰囲気でできたらいいな、と思っていて♪

若いお母さんで「今、こんないいモノあるんだよ」と

教えてくださる方がたくさんいて、

そういうふうにして仲間に入れてもらえることがとっても嬉しいんです♪

だから、おばあちゃん世代の方たちとも、

一緒にこれからいろんなことができたらいいな、と思っています!』

と軽やかに話してくださいました(*´▽`*)

ご自身もお母さんであり、お孫さんもいらしゃる岡田さん。

トレードマークの赤いスカーフも良く似合っていて、

トークもはずみました♪♪

次回も

【みつよルーム】のお話のつづきをご紹介します。

お楽しみに♪

IMG_9649.jpg

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【みつよルーム】では、

出張講座のほかにオンライン講座もあるので、

詳しくはホームページ、SNSでチェックしてみてください♪

【みつよルーム】について詳しくは→ホームページはこちら

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

最後にコープみえからのお知らせです。

ただいま、コープみえでは

「福祉活動寄付金」の寄付先募集を行なっています。

福祉に関する取り組みを進めている障がい者施設、福祉施設、

地域で活動する子育て団体のみなさんを対象とし、応援します。

詳しくは、コープみえのホームページ

「福祉活動寄付先募集」で検索してください(*^^)v

こちらをクリック

コープみえのホームページなどもご覧ください♪

ホームページFacebookInstagram

2021.10.14(木)子育てコープ

こんにちは♪

子育てに役立つ情報や、子育てサークルの紹介、

パパやママたちの声などを紹介している

『子育てコープ』

今回も、先週につづいて

三重県内で初めてスタートした子ども食堂「桑名こども食堂」を運営する

NPO法人 太陽の家】をご紹介しました♪

子育てコープマスク無②.jpeg

NPO法人 太陽の家】理事長 の 対馬(つしま)あさみ さん に、

こども食堂の運営に必要な地域の協力について

お話をうかがいましたよ~(●´ω`●)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【太陽の家】の「桑名こども食堂」は

元々、寄付でいただいた野菜で料理を作ったり、

子ども達と遊んでくれる方や

チラシを作ってくれる方など、

みんなボランティアさんで運営してるそう。

『こども食堂と言っても

"料理作れないとできない"とか、

"子どもが好きじゃないとできない"っていうことでは

決してなくて、

「みんなでご飯を作って、みんなで食べる」っていうシンプルな活動。

日常の延長線上にある活動なので、

誰もが関わりやすいと思っているんです』

と対馬さん。

008.bmp

こども食堂を運営するその日だけではなくて、

農家さんが野菜を育ててくださって寄付してくれる...

それを受け取りに行ってくれる...

受け取りに行って届けてくれる...

チラシを作って配ってくれる...

小学校に行ってこういう活動があるよ、と教えてくれる広報の役割をしてくれる...

いただいた寄付の食品を一時置きで倉庫を貸してくださる...

など、こども食堂が行われる日以外でも

たくさんの方がいろんなところで動いて下さるからこそ

きちんとこども食堂を運営することができるんです。

お話を聞いてみると、

誰でもどこかでさまざまなカタチで

参加できる活動なんじゃないかと思いました(*^^*)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【太陽の家】のこども食堂は、

大体お昼くらいに集合して、

そこから料理を作り始めて

ご飯を食べるのは夕方くらい、終わるのは夜。

その中でボランティアさんが、1日30人くらい参加するんだとか!

でもそれは、

最初から最後までずっと同じ方がいるわけではなくて、

それぞれの人ができる範囲で参加してくださっているそうです。

『いろんな人が出たり入ったりしながら、

みんな短い時間をつなぎ合わせて...

いろんな人の力が集合して、

その日1日の子ども食堂が出来上がっていく、っていう感じです』

とのこと。

その時々で、人数や内容が変わるのも

協力したり分担しながら楽しく続けているそうです\(^o^)

ご飯を一緒に食べることもそうですし、

その前後の、家族以外の人と関わる時間も大事ですよね♪

003.bmp

そんな中で対馬さんが気づいたのが...

子ども達がゆっくり大人と話をする機会って、実は少ないということ!

なかなか子どもたちが自分の話を

他の大人に聞いてもらうことがなく、

普段話せる大人っていうのが自分の親と学校の先生だけ、ということもよくあることなんです。

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【太陽の家】の活動の中で、

"校内カフェ"として

中学校の1室を借りてそこでカフェを開いています♪

このカフェを子ども達はすごく喜んで、

毎回毎回楽しみにしてくれているんだとか(´艸`*)

あるとき、その中学校カフェの中でアンケートをとったとき、

「大人と話せて嬉しかった」という回答があったそうです。

そこで、

もしかしたら周りに気軽に話せる大人がいないのかもしれない...と感じた対馬さん。

対馬あさみさん.jpeg

最後に対馬さんが・・・

『いろんな人たちが子育てに関わって

みんなで子ども達を育てていく...

そういう地域になればいいな、と思っています。

たくさんの大人で、

子ども達をみんなで育てていけるような関係性っていうのが

作りたいなって思ってます』

とニッコリ笑う姿は

優しい眼差しの中に、これからの想いを感じて

太陽のように明るく頼もしく見えました(´∀`*

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【太陽の家】では「桑名こども食堂」の他にも、

ひとり親家庭に向けた食品配布会(フードパントリー)を月2回行ったり、

より支援が必要な家庭に個別に食品や生活用品などを届ける

「フードバンク」も行っています。

NPO法人 太陽の家】について詳しくは→ホームページはこちら

002.bmp

対馬さんは、

コープみえの「くらしあんしん講座」のオンライン連続講座で講師を務めるそうで、

11月24日(水)午後1時30分から3時まで

「子どもの貧困~三重県の子どもたちは今...~」と題して

伊賀市で開催される予定です♪

詳細はコープみえのホームページでご確認ください!

(下にリンクが貼ってあります)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

次回は

三重県の素材を使った子育て応援をしている

【みつよルーム】をご紹介します。

お楽しみに♪

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

最後にコープみえからのお知らせです。

ただいま、コープみえでは

「福祉活動寄付金」の寄付先募集を行なっています。

福祉に関する取り組みを進めている障がい者施設、福祉施設、

地域で活動する子育て団体のみなさんを対象とし、応援します。

詳しくは、コープみえのホームページ

「福祉活動寄付先募集」で検索してください(*^^)v

こちらをクリック

コープみえのホームページなどもご覧ください♪

ホームページFacebookInstagram

2021.10.7(木)子育てコープ

こんにちは♪

子育てに役立つ情報や、子育てサークルの紹介、

パパやママたちの声などを紹介している

『子育てコープ』

今回は、

「桑名こども食堂」などを運営する

NPO法人 太陽の家】をご紹介しました♪

●006.bmp

2015年にボランティア団体として発足し、

2016年3月に三重県内で初めての子ども食堂をスタート!

"きみを、あなたを、ひとりにしない"を合言葉に活動しています(#^^#)

子育てコープマスク無①.jpeg

NPO法人 太陽の家】理事長 の 対馬(つしま)あさみ さん に、

お話をうかがいました ('ω')

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

まずは、

【太陽の家】を立ち上げたきっかけについてうかがいました。

対馬さんが子どものとき、

虐待と困窮、というような状態の中で育って、

人とうまくつながり合ったり、自分の気持ちを話したり...

そういったことができない環境だったんだとか。

それは大人になってからも、生きづらさに繋がっていて、

結婚して、子供を産んで、子育てしてる中でも

結構苦しい思いをしていたそうです。

対馬さんは

『そういったときに、

同じ境遇の人と話をする機会があって

そこで初めて、「自分の話をしていいんだ」とか、

「自分だけじゃなくて、そういう思いをしている人がいるんだ」とか、

"共感し合って、話し合うことが、とても自分の助けになる"と

気づいたんです』とおっしゃいます( ˘ω˘ )

みんなが安心して声を上げられて、

共感し合える場所が必要だな、と思ったことが

【太陽の家】を立ち上げるきっかけになったそうです☆

『大人も子どもも認め合える場所があったらいいよね!

みたいな感じで作り始めたっていうのが

一番最初なので...』と笑って話す対馬さん(*^^*)

すごい行動力ですね!!

007.bmp

【太陽の家】が行っている活動は・・・

★定期的に開催している「桑名こども食堂」

★食品の配布会(フードパントリー)

★必要な家庭に食品を個別に届ける活動

★子ども達に向けて学習支援

...など、他にもさまざまな活動があります。

学生のボランティアが多い【太陽の家】

学生のボランティアたちが集まって、

自分の体験やボランティアの経験などを発表し合う

「学生ボランティアフェスティバル」というイベントも

開催しています!

お子さんはもちろん、

それぞれの年代でいろいろ関わることができる活動がいっぱいありますね!(●´ω`●)

005.bmp

子ども食堂はもちろん誰でも参加できる活動で

学生のボランティアから、シニアの方、

主婦の方はもちろん、働き盛りの男性の方など、

いろんな方が関わって開催しています♪

ボランティアとして参加している子どもの中には

高校生もいるそうですが、

その高校生たちは最初は子ども食堂に遊びに来ていた子ども達!

『一番最初に来たときは小学生だったんですけど、

その子たちが大きくなっていって、この春高校生になって...

「じゃあ、僕もボランティアしよ!」というカタチで、

今は"高校生ボランティア"として、活躍してくれています!』と対馬さん☆

見てた側から、今度は支援する立場になっていってるということ(´艸`*)

001.bmp

子ども達の成長がずっと見られるっていうのが、

継続して「桑名こども食堂」を開いている良さでもありますね!

いつの間にか母親目線で、

あぁ成長したね!微笑ましいね!という感情になりそう(笑)

『すごく嬉しいですね!

小学生だった子が中学生になって、

初めて学校のジャージとかで子ども食堂に来たときとかは

すごく感慨深い...

えー!?みたいな、大きくなっちゃって!みたいな...

感動しましたね♪

毎月毎月、忘れずに来てくれることを想うと、

"来ることを楽しんでくれているんだなぁ"って

とっても嬉しいです!!』

とニコニコ話す対馬さん♪

ホントにみんなのお母さんのような存在なんだろうなぁ、と思いました(≧▽≦)

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

【太陽の家】が運営している「桑名こども食堂」は、

毎月第3木曜日に桑名市総合福祉会館で行われています!

無償での食事の提供だけでなく、遊んだり宿題をするなど

誰でも自由にくつろげる居場所づくりもしていますよ(^_-)-

ちなみに、こども食堂に関わるボランティアも随時募集中!

004.bmp

対馬さんは、現在41団体が登録している

「三重こども食堂ネットワーク」の代表も務めていて、

県内各地で子ども食堂を開設するための講座や勉強会を行っています☆

NPO法人 太陽の家】について詳しくは→ホームページはこちら

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

次回も

NPO法人 太陽の家】のお話の続きをお届けします。

お楽しみに♪

♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪━━━━♪

最後にコープみえからのお知らせです。

ただいま、コープみえでは

「福祉活動寄付金」の寄付先募集を行なっています。

福祉に関する取り組みを進めている障がい者施設、福祉施設、

地域で活動する子育て団体のみなさんを対象とし、応援します。

詳しくは、コープみえのホームページ

「福祉活動寄付先募集」で検索してください(*^^)v

こちらをクリック

コープみえのホームページなどもご覧ください♪

ホームページFacebookInstagram